アドセンス生き生きレイアウトとは?


トップページは長い上下スクロールはせずに、

情報を詰め込みすぎずないこと!


トップページを見た瞬間に、

右側のスクロールバーがあまりにも小さい時、

その時点で見る気力がなくなります。


トップページには極力無駄なものを省き、

ページの移動と共に必要な情報提供に、

ユーザーがほしいものを、

探せるような工夫は必須です。


必要なものだけ掲載するようにすることが、

ユーザーにとって優しく見やすいページといえます。


これは広告云々というか、

トップページ限定ではなく、

各ページにも必要以上に情報を詰め込め過ぎないよう

注意が必要です。


中には横スクロールがあるサイトがありますが、

絶対にしてはならないことです。

アドセンスの広告レイアウト以前の問題です。


ウェブサイトは基本的にユーザーに情報を提供しているものです。

その上で大切なのは、文字の大きさです。

通常の文字サイズは、どのサイトで使われているサイズですが、

多くのサイトでは少し小さいサイズのものが使用されています。

小さいサイズは、見た目は格好よくなります。


ただ、テキスト量が多すぎると、

疲れやすくなるなどの、ユーザーにしてはよくありません。


アドセンスの場合は小さいサイズを使用しているため、

同じサイズだと一応一体感があり、

統一性があるようにも思えます。


サイト内の各ページは同じつくりになっていることが多いですが。

ユーザーが直感的にサイトにあるものを理解することに寄与し、

それに基づいて他のページを見に行くことができます。


アドセンス生き生きレイアウトとは、

ウェブサイトのレイアウトの基本が最も大事になります。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。