広告周辺の余白は?


レイアウトや色彩のお話の次に、

余白の上手な使い方について見ていきましょう。

アドセンスの広告と、その周囲にあるコンテンツとの間にある

余白はとった方が良いでしょう。

本文テキストとアドセンス広告が近すぎる場合、

訪問者の印象には、狭くて窮屈な感じを与えます。

そして、クリックされる確率はかなり低くなるといえます。


同じ素材でも、左右の余白を10ピクセル程度設定すると、

それにより、広告周りに余白があることで、

この適度なスペースがユーザーにクリックしやすい雰囲気

与えることになるのです。

そんな目で、人気サイトの広告を研究しても面白いかと思います。


わかりやすいのは、今日の新聞を見てみましょう。

新聞の見出しの周辺はどうなってるでしょうか?

見出しがぎっちり詰まってました?


余白スペースがありますよね。

先ほどと同様に、こういった余白が読者に圧迫感を与えないための

工夫なのです。

同じく、雑誌などでも、紙面全体に紙面に余白がないことは、

ほとんどありません。


あなたが、会社でQC活動で、そのレポートを見る機会などがあれば、

タイトルの付け方に自然と工夫している部分があると思います。


サイト構築時の余白には、

HTMLやCSSを覚えなければできませんが、

初心者のうちから、余白の必要性を考えながら、

見やすい(クリックされやすい)サイト構築が必要です。

アドセンス広告設置の際は、

余白を十分活用するように心がけましょう。

タグ:余白 広告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。