アドセンス生き生きレイアウトとは?


トップページは長い上下スクロールはせずに、

情報を詰め込みすぎずないこと!


トップページを見た瞬間に、

右側のスクロールバーがあまりにも小さい時、

その時点で見る気力がなくなります。


トップページには極力無駄なものを省き、

ページの移動と共に必要な情報提供に、

ユーザーがほしいものを、

探せるような工夫は必須です。


必要なものだけ掲載するようにすることが、

ユーザーにとって優しく見やすいページといえます。


これは広告云々というか、

トップページ限定ではなく、

各ページにも必要以上に情報を詰め込め過ぎないよう

注意が必要です。


中には横スクロールがあるサイトがありますが、

絶対にしてはならないことです。

アドセンスの広告レイアウト以前の問題です。


ウェブサイトは基本的にユーザーに情報を提供しているものです。

その上で大切なのは、文字の大きさです。

通常の文字サイズは、どのサイトで使われているサイズですが、

多くのサイトでは少し小さいサイズのものが使用されています。

小さいサイズは、見た目は格好よくなります。


ただ、テキスト量が多すぎると、

疲れやすくなるなどの、ユーザーにしてはよくありません。


アドセンスの場合は小さいサイズを使用しているため、

同じサイズだと一応一体感があり、

統一性があるようにも思えます。


サイト内の各ページは同じつくりになっていることが多いですが。

ユーザーが直感的にサイトにあるものを理解することに寄与し、

それに基づいて他のページを見に行くことができます。


アドセンス生き生きレイアウトとは、

ウェブサイトのレイアウトの基本が最も大事になります。


広告が多すぎると・・・


トップページに派手なバナー広告が

いくつも貼り付けているサイトがありますが。

まるで、都会のネオンサインのようで、

見るからに広告って感じのサイトがあります。

見た目はチカチカとバナーが点滅し、

一瞬きれいな感じもありますが、

そういうサイトに限ってコンテンツに合っていない

インターネット広告ばかり掲載されていたり、

コンテンツがしっかりしていない

ことが多いのもよくある話です。



ユーザーは基本的に数多くのウェブサイトを見ており、

そういうサイトはトップページが表示された瞬間、

「このサイトは広告のみ?必要なし」と即座に判断し、

他のサイトを開こうとします。

広告ありきでもいいのですが、

コンテンツがないと、継続的なサイト訪問者を

獲得することはできません。

インターネット広告は

しっかりしたコンテンツがあって、初めて効果が生まれるものです。

特にアドセンス広告はサイト内のテキストデータを読み込んで、

最適な広告を配信します。

コンテンツが不十分では、

適した広告を表示することは困難ですし、

またクリック率が影響します。


とにかく、

インターネット広告を活用する場合は、

コンテンツをしっかりさせることです。


遠回りですが、収入を得るには、

最も近道です。


広告周辺の余白は?


レイアウトや色彩のお話の次に、

余白の上手な使い方について見ていきましょう。

アドセンスの広告と、その周囲にあるコンテンツとの間にある

余白はとった方が良いでしょう。

本文テキストとアドセンス広告が近すぎる場合、

訪問者の印象には、狭くて窮屈な感じを与えます。

そして、クリックされる確率はかなり低くなるといえます。


同じ素材でも、左右の余白を10ピクセル程度設定すると、

それにより、広告周りに余白があることで、

この適度なスペースがユーザーにクリックしやすい雰囲気

与えることになるのです。

そんな目で、人気サイトの広告を研究しても面白いかと思います。


わかりやすいのは、今日の新聞を見てみましょう。

新聞の見出しの周辺はどうなってるでしょうか?

見出しがぎっちり詰まってました?


余白スペースがありますよね。

先ほどと同様に、こういった余白が読者に圧迫感を与えないための

工夫なのです。

同じく、雑誌などでも、紙面全体に紙面に余白がないことは、

ほとんどありません。


あなたが、会社でQC活動で、そのレポートを見る機会などがあれば、

タイトルの付け方に自然と工夫している部分があると思います。


サイト構築時の余白には、

HTMLやCSSを覚えなければできませんが、

初心者のうちから、余白の必要性を考えながら、

見やすい(クリックされやすい)サイト構築が必要です。

アドセンス広告設置の際は、

余白を十分活用するように心がけましょう。

タグ:余白 広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。